雑談用&告知用

●コメントしたいことがあるけれども、記事に関係ない内容だというときには、この記事のコメントにどうぞ。掲示板的に使っちゃって下さい。

●太正29年を舞台にした「新サクラ大戦」の開発発表!

新サクラ大戦、PV発表!

昨年の発表以来、音沙汰がなかった新サクラ大戦、2019年3月30日のセガフェス1日目に、具体的な内容が発表されましたね!
セガフェスのYoutube動画から、新サクラ大戦はこのあたりから

いやー、うれしい!
早速のファミ通の「新サクラ大戦』最速スタッフインタビュー!」を拝読。
これによると「新作の企画は、毎年のように提出していました」「最終的なきっかけは2016年の“セガフェス”でのファン投票で1位を取ったから」とある。
毎回、なにか機会がある度に「お布施」という名の支援をしていた、我々ファンの行動は無駄ではなかったんだ!

さて、ストーリー的には太正二十九年=1940年。旧華撃団は「消滅」という表記で、旧作との直接の流れは一端、切っています。
リブートの意味合いも考えると、これは妥当な判断でしょう。
流れて的に、1928=サクラ大戦V、1929=サクラ大戦DSときているので、それが世界的な降魔大戦(1930)への流れだったという解釈もできそうですね。
PVに「総支配人 神崎すみれ」の文字が確認できることから、(霊力減少で華撃団を退いていた)すみれを除いて…………っていうパターンもありそうでgkbr。

さて、一方、世界各華撃団対抗戦になるものがあるというのは、旧作の最後に少し出てくる世界華撃団構想ともつながって面白い。
降魔大戦が終わって、降魔の脅威が少なくなったから、という作中世界の流れが考えられるところ。
もしかすると、各国代表ということで、代理戦争=Gガンダムのような世界観も考えられますね。

思えば、サクラ大戦1は関東大震災=帝都での戦いとしたわけで、1940年、つまり第二次世界大戦をなぞらえたストーリーなのかもしれません。それはそれですごい。
そうすると、決勝戦の相手は米国代表・新生紐育華撃団だったり?

さて、PVで公開されたゲーム画面、さすがですね!
太正レトロ~昭和初期だった旧シリーズを、戦前昭和までアップグレードした雰囲気がよく出ています。
かつてはミニマップだった街中移動も、オープンマップ形式になるような感じなので、これは楽しみです。これこそ、「最新技術」のサクラ大戦だなぁ!

さて、発表されたメインの声優をみると……舞台は無理かなぁ。
かつてのように、稽古のために一ヶ月も声優を拘束できるような状況では、今の声優界はないから(演劇畑からの声優をメインに組めば別だったけど)。
ライブがギリギリか。
ただ、奏組ですでに実現しているように、舞台は俳優を起用するという、いわゆる2.5次元スタイルはあるかもしれませんね。

スタッフに目を向けると、キャラデザは久保帯人。BLEACHという少年誌連載ながら女性人気が高い作品の作者だったので、基本男性向けでありながら女性人気も高いサクラ大戦にあった人選のように思います。
寺田Dは旧シリーズの「熱き血潮に」のPだった人ですね。うまく新旧をブリッジしてくれることを願います。
ストーリー構成のイシイジロウは、実はよく知らないw ただ、忌火起草のPとか、428 〜封鎖された渋谷で〜の総監督とか、評価の高いゲームを手がけているので、期待できそう。
そして、なんといっても、音楽の田中公平!
ゲームの世界観を表現する上で、音楽の比重は非常に大きいわけですが、公開された、新しいゲキテイ(檄・帝国華撃団~新章~)はすごい! 旧ゲキテイと同じ部分を残しながら、あんなにできるんだ!というすごさ。
そして、相変わらず難しそうw フルだとどうなるんだろう! 早く音源!!

で、まあ、まだ数少ない情報ですが、不安が決してないわけではないです。
でも、ヒロインキャラ総替え+舞台変更、さらに主人公キャラ変更+女装あり、さらに男女逆転も経験済の古参サクラ大戦ファンである私には、どうということはなかったw
いや、本当に、ヒロイン総替が発表された時のサクラ3に対するどよめきとかすごかったし、サクラVはアンチ的な立ち位置になる人もいたし。
ゲーム内容そのものも、必ずしも100点満点の評価をする人だけじゃなかったんだよね。

でも、まあ、まずはゲームをプレイしなきゃわからない!
なんといっても、ゲームとして面白いのかどうか、それが一番、重要なんだから!

 

 

 

 

 

 

夏コミでの暑さ対策

遅い話題ですが、夏コミは無事終了しました。
ブースにきていただいた皆様、ありがとうございました。

さて、今回のコミケは酷暑が予想され、私もいろいろと準備していったのですが、それが奏功したので、ここに書き残していこうと思います。

» 続きを読む

サクラ大戦真夏のフェス・花の戦士

昨日、上野・水上音楽堂で開催された「サクラ大戦真夏のフェス・花の戦士」を観劇しました!
ここでの開催は、2012年8月の「はじまりの上野で」以来、6年ぶり二回目。
前回と同じく、上野観光協会主催の夏まつりの一環としての開催です。
公演中に、さくらさんから、会長への御礼の言葉もありましたよ!w

Dsc_1021_20180811t20_08_58000

セトリは以下の通り

» 続きを読む

新サクラ大戦への期待と不安

新サクラ大戦への期待はもちろんあるわけですが、不安ももちろんあるわけで。

まずは期待。

やっぱり、サクラ大戦といえば歌謡ショウですよね!

» 続きを読む

祝・サクラ大戦復活!

2018年4月に開催されたセガフェスで、サクラ大戦の復活が宣言されました!
うう、お布施の甲斐がありました!(笑)

さて、やるからには、面白いサクラ大戦を作って欲しいところですが、「サクラ大戦」とはなんだろう、とふと考えるわけです。

» 続きを読む

ちょっと妙な時系列が見えてくる

先日の「続・花咲く男たち」の千秋楽で、横山智佐さんが「新曲は3年前にレコーディングした」「去年の夏くらいから解禁になった」というようなことを発言されていました。
あれ?と思ったのが、当該の新曲を使ったパチスロが出たのは、去年だったからです。
じゃあ、その2年はどうなっていたの?と。
そんなわけで、ちょっと時系列をまとめてみました。

» 続きを読む

サクラ大戦ショウの危機

今回のサクラ大戦紐育星組ショウ2014も楽しかった!
でも、何か悪いフラグがたっている。


まず、劇中で最初にそう思ったのは、新曲の「Sakura Letter」。
今まで、紐育がガッツリと「桜」を歌うことはありませんでした。
サクラ大戦で「桜」の曲は特別な曲であるとは、田中公平先生も発言されています。

なぜ、このタイミングで「特別な曲」なのか。

歌詞を振り返ると、ステージから観客に語りかけ、感謝を表すような曲。
それだけであれば、青年館も最後だし、ともいえるのですが、雪の日というキーワードは巴里ショウを想像させるし……。
そして、最後の一節は、「夢のつづき」を支えてくれたことへの感謝というような歌詞。
サクラ大戦の舞台は紐育のLAST SHOWで幕をおろしたものが、奇跡的に復活して、今まで続いてきました。この状態を「夢のつづき」と解釈すると、まるでそれが終わってしまうかのようです。

そして、私の中で決定的になったのは、前楽のサニーの挨拶。
今まで挨拶をふられても、ちゃんとした挨拶は、ほとんどしたことがなかったサニーが、ものすごいガチ挨拶。
これまでを振り返り、そして、来年、再来年の20周年のためにはファンの声援が必要だという内容を、キャラを崩さないギリギリの範囲で強く訴えるものでした。
これはいまだかつてない危機感として、私は受け止めています。

キャスト挨拶でも「来年」を口にしたのはスペシャルゲストのラチェットのみ。
「次」を口にしたのもサプライズ出演のダンディと西ヤンのみ。
逆にジェミニが最後に「忘れないで」と言う。
あのサニーが、地上の戦士で涙をこらえているような表情を見せる。
これは単に青年館がないから次の場所をみつけることが難しいというレベルでないと思います。



さて、ここでセガサミーのIR情報を紐解いてみます。

それによると、前期の黒字が一転、今期は赤字予想です(赤字幅縮小は当初予想より縮小のようですが)。セグメント別をみると、利益の稼ぎ頭はパチンコ・パチスロ(サミー)部門(ただし、9/1現在、パチンコ規制強化の話が出て暗雲あり)。
ゲーム(セガ)は苦戦で、特にサクラ大戦が属するだろうコンシューマ部門は赤字となっています。
しかも、コンシューマ部門は、売上高は13.3%増なのに広告宣伝費がかさんで赤字(前年同期は黒字)になったと説明されています。

IR資料の費用内訳をみると、「サクラ大戦」の舞台は「広告宣伝費」の予算でやっているのではないかと推測されます……これはあかん。
IRに名指しの広告宣伝費をカットするなら、現状、ゲームが出る予定がないサクラ大戦への出費をカットするのは会社として当然の判断となります(ちなみに、収支が「トントン」だったら、会社は切りますので……)。

なので、今、サクラ大戦の舞台は、おそらく先の見通しが立っていない状態だと思います。
私の予想が正しければVoiceful Worldも次回改編期に終了になると思いますし、以前のトークショウで匂わされた奏の新舞台もなくなっているのではないかと思います。

紐育の今回のショウが「LASTSHOW2」となる可能性は高いかもしれないのです。

しかし、サクラ大戦の舞台は、何度も困難を乗り越えてきました。
帝都歌謡ショウが終わった時、二度とみれないと思っていた帝都花組は、帝都巴里ライブで揃って見せてくれました。
織姫はもう見れないと思っていましたが、紐育ライブへのゲストから復活してくれました。
ライブで聞けることはないだろうと思っていた、檄帝最終章も君よ花よも、全員が揃ってくれました。
そして、LAST SHOWをも乗り越えました。
もちろん、中山プロデューサーや田中公平先生をはじめとするスタッフ側がいてくれて、熱意を持って動いてくれてこそです。
でも、その熱意も、ファンの後押しがなければ、会社を動かすことはできません。

舞台が復活するには、セガサミーの業績が回復することが、もちろん必要なのでしょう。
我々ファンにできるのは、少しでもセガサミーとサクラ大戦を後押しすること。

舞台へのWEBアンケート、公式サイトでやってますよ。無料ですよ。「次も絶対に見たい」と書いて送りましょうよ。
舞台のDVD/ブルーレイ、予約しました? 初動が大事なので、Amazonで予約できるようになったら、すぐに予約しましょうよ。観賞用、保存用、布教用とはいわないから、1枚だけでも。
PSPでサクラ大戦1&2、ダウンロードできますよ!
セガのコンシューマのゲーム、気になってるものがあれば購入しましょう! セガが直でやっているスマフォゲームもやってみてもいいんじゃない? 業績回復に少しでも!
そして、サクラのファン活動、続けていきましょう。
セガサミーの業績が回復した時、「サクラ大戦はファンが多い」と思っていてもらえれば、舞台も復活できると思いますから。



……最後は押し付けがましい話になってすいません。
本当はサクラ大戦ファンの中に億万長者の方がいらっしゃって、セガサミーの株を買ってオーナーになってくれればいいんですがw

巴里花組ショウ2014 ~ケセラセラ・パリ~

いってきました、銀河シャノワール劇場!
今回は、天候にめずまれず、残念ながら劇場にたどりつけなかった方もいらっしゃったみたいですね。公式さんも最大限、救済措置をとってくれたようですが、物理的な障害でどうにもなりませんね……。
土曜日の挨拶では、エリカから「これなかった人にも愛を!」という言伝(?)がありましたので、皆様にご連絡させていただきますm(__)m

» 続きを読む

謹賀新年

すっかり時間がたってしまいましたが、新年あけましておめでとうございます。
旧年中は本サイトは一度も更新できずにすいません。
今年は心を入れ替えますw

昨年といえば、コミケ85で本ブースにご来場いただいた皆様、ありがとうございました。
個人的には実り多いコミケで、勉強になりました。

また、Blogにかけませんでしたが、Voiceful Worldの公録にも参加できましたし、いい一年になりました。

今年も、2月には巴里ショウが決定されていますね。
今回はロベリア主役ということで、前回は事実上のエリカ主役だったことを考えると、主役持ち回りで、あと3回はあるってことでいいですよね?と期待も膨らみます。
色々と今年も期待が持てそうで、よい一年になりそうです。

ともあれ、本年もよろしくお願いします。

コミケ85

コミケ85、いよいよ明後日・30日がサクラ大戦でのサークル参加日となります。
当日は 東Y-06b で皆様をお待ちしております。

大東亜戦記は新刊を出せませんでしたが、奏組徒然(奏組中編小説)が新刊で出ます。
今回は、原作の音子との偽装デートに選ばれたのが源二ではなく、ルイスだったら……、という話です。

なぜか、アンヘルが出てきたり、ルイスがヤンデレ気味になってたりとかしてますが……うーん、おかしいw

ともあれ、当日はお立ち寄りいただけたら幸いです。

«コミケ85の情報とお詫び

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ