Links

最近のトラックバック

« 武道館の長い一日 | トップページ | コミケ79初日サークル参加 »

巴里花組&紐育星組ライブ2010 レポート(トークライブ)

既にトークライブは放送されていますので、放送にのらなかった部分や見た目なんかをば。

既にトークライブは放送されていますので、放送にのらなかった部分や見た目なんかをば。

トークライブは千秋楽直前の昼。
文化放送から、日高のり子さん、井上喜久子さん。
サクラジヲから、陶山さん、菅沼さん。

開演前には20分前、10分前、5分前(だったかな?)で録音でキャラのアナウンスが流れました。
しかし、なぜか5分前の大神と新次郎のアナウンスは5分前と本来の開演時間の2回流れました。実際、5分押しではじまったのですが……わざとでしょうねw 会場もそれを組んでか、笑いがおきていました。
観客席は一階が8割、二階は5割くらいの入りだったでしょうか?
個人的には思ったよりも入ったなぁ、という感じ。

各人はエリカのおはボンでコールされて入場してきました。
エリカ役のん子さんはサクラカフェの袴衣装で登場。
ロベリア役喜久子さんは、直前アナウンスで、「私(ロベリア)ではなく、代理で17才のメイドをおくる」として、サクラカフェのメイド服で登場! 絶対領域も麗しく「17才です」「おいおい」の観客とのコンボもばっちりw
大神役陶山さんと大河役菅沼さんは、今回グッズのスカジャンとジーパンというペアルックw

のん子さんのエッセイ本の宣伝は序盤と終盤に2回ありました。
その時には机に突っ伏してましたw

狼虎滅却の必殺技絶叫生披露はすごかった!
露払いとしての菅沼さんは、いつもよりは気合入ってましたが、やはり、まだまだ。
陶山さんは、ジャンパーを脱ぎ、立ち上がり、マイクも菅沼さんに持たせての絶叫!
ベテランののん子さんと喜久子さんも引かせる(笑)力の入り方には、場内大喝采。
しかし、マイクの位置がやや低くて、発声姿勢に難があったらしい(のん子さんも変な姿勢で発声するなと思ったらしい)。陶山さんは肋骨のあたりを痛めた!とか言われていました。
千秋楽の握手の時に聞いたら、肋骨の間の筋がつったみたいになったそうです(汗

そんなこんなで、トークライブは1時間30分ほどで終了したのでした。
いいサプライズを聞いた(巴里新曲CDとか)と思っていたのですが、千秋楽にあれ以上のサプライズがくるとは、全く思っていなかったのでした。

追伸

前回の「サプライズ」に書き忘れたこと。
千秋楽は開演前にメルとシーが客席を通っていき、売店で売り子をすると宣伝。
握手をしながらサイリュームやパンフを売りました。
私は出遅れたので、買うことはできなかったのですが、丁度、階段で引き上げるところに出くわしまして、超至近距離&お二人にハイタッチしてもらえて、逆にラッキーだったかもw

« 武道館の長い一日 | トップページ | コミケ79初日サークル参加 »

サクラ大戦イベント」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巴里花組&紐育星組ライブ2010 レポート(トークライブ):

« 武道館の長い一日 | トップページ | コミケ79初日サークル参加 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ