Links

最近のトラックバック

« サクラ大戦巴里&紐育ライブDVDオーディオコメンタリー | トップページ | サクラジヲ改 #18の感想 »

サクラジヲ改 #17の感想

サクラジヲ配信、復活!
三週間ぶりですね。
日常を取り戻すために……。

さて、今回のゲストはアイリス役・西原久美子さんと李紅蘭役・渕崎ゆり子さん。
帝都となると緊張する陶山さんですが、今回は比較的ゆるめ?
メンバーのせいですかねw
そういえば、今回はヘッドフォンのネタがなかったなーw 写真をみると装着はしていたようですが。
智佐さんの全曲ライブでも陶山さんはヘッドフォンをつけていましたから、そこでもう話は終わってしまっていたのかな?w

やはり、歌謡ショウ周辺のネタが多いですね。
それも生生しいのがw
最初は、ちょうちんじゃないブルマだったんだー。まあ、太正ぽさという意味でもちょうちんが正解ですなw
先日のライブで、武田さんがケーキを着用したのも話題に。スカート、あれは初出時と同じような柄でしたけど、武田さん用につくりなおしたんだろーなーw 最初はタイツだけだったとは知らなかったがw

一方、大神隊長の衣装はかなりギリギリに?
確かに、ステージを見ているときはともかく、DVDでUPで抜かれたり、千秋楽ドキュメントなんかを見ていると、かなり衣装が傷んでいるように見えます。薄くなっているとは見えませんでしたがw 靴は注意して見てなかった。あとで、DVDを見なおしてみますw

あと、大神としては胸をはるようにしてるってのは、なるほどと思いました。
歌謡ショウ時代は、やはり1-2の頃の、米田中将庇護下のイメージをひきずってましたよね。八犬伝でも、時間軸は4後でもやっぱりまだ米田を頼ってるという演出が入ってました。それは歌謡ショウという連続した枠組みの中では一つの正解だったと思います。
しかし、このところのライブでは、そこから間があいていることと、紐育総司令であるサニーとの共演では同格として演出される必要があるため、「偉そう」にする必要があるんですよね。
それで、胸をはって堂々とするという振る舞いが必要になったのかなぁ、などと推察してみたw

そして、今回も紅蘭のお下げ取れる時間がw
やはり、よほど衝撃的だったんですねぇw

聞いてるほうとしては、伏字もなくちびまる子ちゃんの話が出ちゃうのも衝撃的でしたけどね(苦笑)
2011年3月20日放送の802話Aパート『「山根の初恋」の巻』のことだそうですがw

今回のサクラジ歌劇団は合格基準がゆるいw
最初はもっとネタなコーナーになるのかと思ってたけど、だんだん凄い人が出てくるコーナーになったなぁw

そして、帝都組ご出演とあって、今回も小劇場。
霊子燃料という設定が登場ですか。今までの男で霊力をもつものが少ないという設定を補うための設定ですね。なんとなく、夢組が液化石炭の周囲を取り囲んで念をこめてる図が思い浮かびましたがw
賛否はともかく、今までの設定と折り合いをつけようと努力しているのは好感がもてますね。

最後に、ついに「最終回のお知らせ」が……。
第20回で終了ですか……。
本来なら、2010年度+Exで終了というところだったのですね。
当初から二名づつのハイペースでのゲスト出演だったことを考えると、当初の予定通りなんでしょう。もうちょっとやっていてほしかったけど、しょうがないですね……。
あと3回、全力で楽しまさせてもらいます!

PS
今回のサクラ歌、二曲目は「希望の星よ」でした。
この曲は、智佐さんの帝都全曲ライブでも最後に選ばれた曲でした。
この収録は地震前のはずですが、この曲がかかるという事自体、なにか、巡りあわせを感じずにはおれません。

« サクラ大戦巴里&紐育ライブDVDオーディオコメンタリー | トップページ | サクラジヲ改 #18の感想 »

サクラジヲ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サクラジヲ改 #17の感想:

« サクラ大戦巴里&紐育ライブDVDオーディオコメンタリー | トップページ | サクラジヲ改 #18の感想 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ