Links

最近のトラックバック

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

巴里花組ライブ2012、初日!

もうじき閉鎖と言われている青山劇場で、巴里花組ライブ2012が開幕しました!
初日、早速、いってきましたよ。

気温もさることながら、風が強くて、体感気温がひどいことに。そこは辛かった。
しかし、開幕すれば、外の寒さなど吹き飛ばす熱演で、心も体も暖かに。
いやー、おもしろかった!

事前予告通り、ライブというよりは、巴里版歌謡ショウな趣き。
ミュージカルしてましたねー。

というわけで、以下、ネタバレにはしてないつもりですが、軽く感想を。

続きを読む "巴里花組ライブ2012、初日!" »

コミケ83情報

なんか今更ですが、コミックマーケット83にサークル参加します。

二日目(30日) 東5 ハー53b 帝國華撃團・文組

です。
例によってサクラ大戦サークルとして参加しています。

新刊として「大東亜戦記 11巻」をようやく刊行します! もう入稿したので、確実!w
もう一冊、奏組のコピー本までいきたいのですが、これは鋭意製作中……。

当日、よろしければお立ち寄り下さい。

花見の準備をせよ!

コミックマーケット83にて発行予定の大神一郎生誕110周年記念アンソロジー、「花見の準備をせよ!」に書かさせていただきました。

12月30日(日)コミックマーケット83二日目・東ハ-47b「zig」(主催様サークル)にて頒布開始とのことです。

錚々たる参加者の中で、恐縮ではございますが、小説を9Pほど。
是非、お手にとっていただければと思います。

サクラ大戦奏組 花とゆめ1号

奏組の花とゆめ連載分の感想です。

ネタバレありますので、注意。

続きを読む "サクラ大戦奏組 花とゆめ1号" »

『サクラ大戦 活動写真』Blu-ray発売記念イベント

『サクラ大戦 活動写真』Blu-ray発売記念イベントにいってきました。

上映に先立ち、横山智佐さん、西原久美子さん、渕崎ゆり子さん、広井王子氏、あかほりさとる 氏、司会:田中真奈美さんによるトークショウが。
当時の思い出などを語るのは定番ですね。
印象的だったものを箇条書きで。

【広井】3発売、歌謡ショウ終了の後をうけて、最終作品のつもりでつくった。だから、薔薇組なども含めて今までの全声優に出番があるようにした。
【広井】最初は「サクラ祭り」として公開予定だった。本編100分。同時上映で「魔法少女アイリスちゃん」(お箸に紙をつける人形劇みたいなの。5分)、「ハーイ!さくらちゃん」(ギャグ学園もの)が併映。後ろ2つはコンテまできった[2Dで、といっていたけど、二頭身の意味かも]
【西原】魔法少女アイリスちゃんやりたい!
【広井】歌謡ショウBDボックスとかだして、そのおまけ映像で魔法少女アイリスちゃんをつけようかなw
【智佐】紙に割り箸つけて?
【広井】CGでやるよ。今なら安くできるw

【広井】映画作成当時は、DCの幕引きは俺たちがやるのかよ!とか、いろんなドロドロしたものがあった。10年たって、ようやく昇華できたので、今まで見返したことのなかった映画をみなおします、とw

【広井】映画冒頭の奇跡の鐘をまわりこみながら歌うシーン。3のOPでできたんだから、ということで入れた。でも、当時の技術ではCGでまわりこみが十分にできなくて、CG背景のまわりこみの1コマつづにキャラの絵を一枚づづ張り付けていった。スタッフからもう次はやめてくれといわれた。
【広井】今ならそんな手間はかけなくていいから、同じ予算があれば、もっとスゴイことができる。
【広井】戦闘シーンが暗いのはCGのアラを隠すため。今なら普通に昼間で戦うw
【広井】映画では、ゲームでは出しにくい、帝都の雰囲気、空気感みたいなものが再現できてよかった。
【あかほり】轟雷号の出撃シーンはゲームでは十分にできなかったので、映画版でようやく納得のいくものになったと広井さんが言っていた。特にスジをかく(地下鉄のダイヤグラムを引く)ところは、広井さんがゲームの頃からやりたくてしょうがなかったところ。

【智佐】映画上映当時、劇場舞台挨拶で劇場から青山劇場(新春歌謡ショウ)へサクラ大戦映画版のラッピングバスで移動したのがいい思い出。(他の二人から、降りたところでみんなで写真とったよね、の声)
【渕崎】収録の合間にジャグリングの稽古をしていた(智佐さんから、カバンから輪っかが見えていたとの声)

【智佐、西原、渕崎】今日もお客さんが一杯(チケット完売)。いつもお馴染みの人もいてくれる。
【広井】サクラはお客さんも長いけど、記者も長い。偉くなってもサクラだけはと取材にきてくれる。嬉しい。
【広井】帝都の歌謡ショウをまたやりたい。きっかけがないとできないから、20周年とかで。四谷怪談、やりたいんだよね。
【あかほり】サクラ大戦をなんとかして続けようといっぱいいっぱいのところでスタッフが頑張ってるので、気にくわないことがっても、あたたかく見守ってください。

広井さんは、トーク中、司会の田中真奈美さんに絡み、あかほりさんに「若い子いじめちゃだめだよ」と言われるも「いいんだよ。若いうちはいじめられるもの」などと答えていたが、智佐さんに「これから若い人に面倒みてもらうんですから」とたしなめられて頭を下げるなどのシーンもありました。
広井さんがしゃべりまくってましたが、面白かったですよw

さて、映画はデジタルリマスターバージョン。
確かに、映像がランクアップしてました!
その分、あらを隠そうとした戦闘シーンもはっきり見えてしまい、確かにあらが見えるシーンもw
でも、やっぱり面白いね。

上映終了後には、自然発生的に拍手が……。

今回のイベントの参加者全プレの、フィルムしおり。
Twitterのまとめもありますので、御覧ください。
http://togetter.com/li/416139
ちゃんとサウンドトラックが記録されているので、上映用プリントだというのがわかりますね!
映画泥棒だったり爆発だけだったりするフィルムはないようなので、ちゃんとシーンをセレクトしているようです。
また、映画BD初回限定版にも特典として封入されるとのこと!
現地にいけなかった人も、これなら安心ですね!

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ