« コミックマーケット84御礼 | トップページ | 「えどさくら10」参加します »

サクラ大戦奏組~薫風のセレナーデ

サクラ大戦奏組 第二回公演 薫風のセレナーデを観劇してきました。
今回は初日、中日、千秋楽とセオリー通りの3回を。
やっぱり舞台は生ものなので、複数回見ると楽しいです。
初日は皆んな硬かったですね。
特にジオw 音子ちゃんも歌は今一つでしたね。ストリングス隊の歌に至っては…w
それが中日になるとグッとよくなって、芝居もいい意味で慣れてきて、よりよい舞台になってましたね。
楽になると、疲れがみえていましたが、アドリブなんかも入ってきて、面白かった! 観客も出来上がっているので、一体感が半端なかったですね。あ、ストリングス隊の歌は楽が一番良かったと思いますw

ストーリー的には前回から数ヶ月後、デノンマンサーの登場と対決、その中で音子が隊長として認められるまでというところ。
軸となるのは舞台オリジナルの正之介と紫の悲恋で、なかなか感動的な話になってました。
また、今回のボスキャラ、緋独楽は冒頭の相撲甚句風ストーリー解説から始まって他のキャストの二倍はありそうな体躯を生かしての演技で、デノンマンサーというキャラのもつ普通じゃなさをうまく醸し出していました。
非常にいい存在感だったので、次回も出て欲しいなぁ。実は脳死に至っていなかったってことでw

ところでサクラ大戦といえば、楽曲ですよね。
今回の新曲は4曲。
最初は上でも少し触れましたが、ストリングス隊の「もしも霊音が奏でられたら」。
キーとしては地声の低い暮に合わせてある感じ。暮は低いけどいい声ですよね!
だんだんよくなって行ってたので、もう少し聞きたいところw

二曲目は紫さんの「夢の夢こそ」。
これはまさにど演歌!
二幕冒頭でこれが流れ始めた時は、コマ劇の二幕か!って思いましたw
宝塚を辞めて間もない人に演歌を歌わすってのは凄いと思いましたw 絶対、こんな艶っぽい歌い方はしたことないだろーなーとかw

三曲目は待望の音子ちゃんの「春よ来い春よ」。
これは少し切なさのある感動的な曲。
初日は観客手拍子してしまったこともあって今一つでしたが、客席側も黄色リウムになって、音子ちゃんの歌もグッと引き込まれるような感じになりました。
これもいい曲です。

そして、四曲目は奏組合唱の「我ら奏でるこの音で」。
これは戦隊モノですね!w
熱い曲です。これはカラオケで歌いたいw

奏の個人曲は前回の曲のショートVer。
そういう意味では物足りないともいえますが、逆に去年と比較してものすごく上手くなっていることがよくわかりました。
去年は譜面通り歌うので精一杯という感じだったのですが、今年はそこにキャラとしての感情がのっかってきていました。
キャラの性格もありますが、特に源二はそこが上手かったように思います。
また、去年と語りかける相手が変わったのがルイス。前回はヒューゴとの絡みですが今回は音子が相手。本来はこちらの意味で書かれている歌詞だと思うのですが、語りかける相手が違っても、同じように歌詞が響くってのは、歌のもってる力ですね。
同じことは、プレリュードにもいえますね。
舞台を〆る、正之助に話しかける体裁で歌われたわけですが、これもちゃんと成り立っているし、ストーリーになっているんですよね。
これも、歌のもっている力ですよね。歌に地力があるから、シチュエーションが変わっても通用するんだと。
あ、そういえば、源三郎だけはキャラソンがアレンジされてタイトルも「料理は手際が大事」に変更されたコミックソングになってましたねw コミックソングとしては完成度が高かったですねーw ネギは嫌い!w

もちろん、演技部分もレベルがあがっていました。
セリフをしゃべっていない人とかでも、細かく演技してるんですよね。だから、全体が自然に見えていたと。

いやー、本当、見どころの多く、楽しかった舞台でした。
千秋楽のカーテンコール3回なんて、みんなそう思っていた証拠だと思います。
てなわけで、他にも言いたいことがつきないので、後は箇条書きでw

・緋独楽の声、いい声だ! さすが相撲甚句の名人。
・緋独楽の拍子木はSEじゃなくて本当に叩いていましたね。いい音させる!
・殺陣が進化していた! 特にジオなんかはあの重い楽器をもってよくアクションできると感心。
・紫さんだけ最後の挨拶での頭の下げ方が宝塚流?w
・漫画のネタが多数で、花ゆめコミックスを呼んでいると楽しさ倍増でした。
・奏のウイッグ、みんな変わった? 特にルイスさんは女性的だった去年より男っぷりがあがってる。
・単に敵を倒すということではなく、正之介と紫を救うために浄化する、その想いで霊音が奏でられたというのが、いいシーンでした。
・正之介が、最後に袖にはけるのではなく、舞台から降りていくのは、彼はもう奏組の物語には登場しない、舞台から降りたのだという表現なんでしょうね。感慨深い。
・歌謡ショウよりも本格的な演技、舞台を志向している気がしました。集団での殺陣とかは、がっつり稽古時間がとれるたまものだし。お祭り的要素のある楽を除いて、振り付け講座とかしなかったのも、そのあらわれのような。
・加集、もててるのね!w 爆発しろ!ww
・お姫様だっこが印象的でした。爆発しろ!ww
・音子ちゃんの戦闘服が最後に浮かび上がるシーンは映画や漫画的演出ですね。いい演出でした。そして、それを最後に早替え! かわいかったなー。
・今回、脚本には広井王子氏が直接は入っていないと思います。そのせいか、現代ネタ多め、太正浪漫テイストは薄めでしした。ちょっと残念。
・サクラ大戦らしさは強く出てました。特に「声の出演」にはびっくり!
・一方で大神とかえでの会話とか、説明なしで旧来からのサクラファン以外に大丈夫だったのか、ちょっと不安。
・ジオさんのジャンプは相変わらずすごいなー!
・コミックスや昨年公演では源二がメインヒーローと思わせるような活躍ぶりでしたが、今公演では殺陣など含めてヒューゴがメインというのを強く打ち出していた感じ。
・でも、今回も源二は天然ジドロで格好よかったw
・源三郎は、あざとさ少なめ?w ツンデレぶりはよく出てましたw 弓をもったままの殺陣もなかなかのものでしたね。
・ルイスはチャクラムのおかげ?と説明(翻訳)係のせいでシーンが多かったですね。頑張った!
・西ヤンがつけたという殺陣、手数もさることながら、楽器をもったままでも格好良く、そして、それをこなすというすごさ! 特にジオは、楽器が重いだろうに!
・紫さんが、漫画「緋色の誘惑(青池保子)」のメインヒロイン・あんりと似ていると思っているのは私だけだろーかw
・弓をもった源三郎と私服の音子が並んでいる場面。装備を音子に渡せば、艦むすな飛龍になるよなぁ、と思ったw

うーん、なんか色々と書きたいことは尽きないわけですがw

ともあれ、昨年よりパワーアップして、いい舞台でした!
是非、来年も公演がありますように!

|

« コミックマーケット84御礼 | トップページ | 「えどさくら10」参加します »

奏組」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1324307/53376877

この記事へのトラックバック一覧です: サクラ大戦奏組~薫風のセレナーデ:

« コミックマーケット84御礼 | トップページ | 「えどさくら10」参加します »