« 2014年2月 | トップページ

2014年9月

サクラ大戦ショウの危機

今回のサクラ大戦紐育星組ショウ2014も楽しかった!
でも、何か悪いフラグがたっている。


まず、劇中で最初にそう思ったのは、新曲の「Sakura Letter」。
今まで、紐育がガッツリと「桜」を歌うことはありませんでした。
サクラ大戦で「桜」の曲は特別な曲であるとは、田中公平先生も発言されています。

なぜ、このタイミングで「特別な曲」なのか。

歌詞を振り返ると、ステージから観客に語りかけ、感謝を表すような曲。
それだけであれば、青年館も最後だし、ともいえるのですが、雪の日というキーワードは巴里ショウを想像させるし……。
そして、最後の一節は、「夢のつづき」を支えてくれたことへの感謝というような歌詞。
サクラ大戦の舞台は紐育のLAST SHOWで幕をおろしたものが、奇跡的に復活して、今まで続いてきました。この状態を「夢のつづき」と解釈すると、まるでそれが終わってしまうかのようです。

そして、私の中で決定的になったのは、前楽のサニーの挨拶。
今まで挨拶をふられても、ちゃんとした挨拶は、ほとんどしたことがなかったサニーが、ものすごいガチ挨拶。
これまでを振り返り、そして、来年、再来年の20周年のためにはファンの声援が必要だという内容を、キャラを崩さないギリギリの範囲で強く訴えるものでした。
これはいまだかつてない危機感として、私は受け止めています。

キャスト挨拶でも「来年」を口にしたのはスペシャルゲストのラチェットのみ。
「次」を口にしたのもサプライズ出演のダンディと西ヤンのみ。
逆にジェミニが最後に「忘れないで」と言う。
あのサニーが、地上の戦士で涙をこらえているような表情を見せる。
これは単に青年館がないから次の場所をみつけることが難しいというレベルでないと思います。



さて、ここでセガサミーのIR情報を紐解いてみます。

それによると、前期の黒字が一転、今期は赤字予想です(赤字幅縮小は当初予想より縮小のようですが)。セグメント別をみると、利益の稼ぎ頭はパチンコ・パチスロ(サミー)部門(ただし、9/1現在、パチンコ規制強化の話が出て暗雲あり)。
ゲーム(セガ)は苦戦で、特にサクラ大戦が属するだろうコンシューマ部門は赤字となっています。
しかも、コンシューマ部門は、売上高は13.3%増なのに広告宣伝費がかさんで赤字(前年同期は黒字)になったと説明されています。

IR資料の費用内訳をみると、「サクラ大戦」の舞台は「広告宣伝費」の予算でやっているのではないかと推測されます……これはあかん。
IRに名指しの広告宣伝費をカットするなら、現状、ゲームが出る予定がないサクラ大戦への出費をカットするのは会社として当然の判断となります(ちなみに、収支が「トントン」だったら、会社は切りますので……)。

なので、今、サクラ大戦の舞台は、おそらく先の見通しが立っていない状態だと思います。
私の予想が正しければVoiceful Worldも次回改編期に終了になると思いますし、以前のトークショウで匂わされた奏の新舞台もなくなっているのではないかと思います。

紐育の今回のショウが「LASTSHOW2」となる可能性は高いかもしれないのです。

しかし、サクラ大戦の舞台は、何度も困難を乗り越えてきました。
帝都歌謡ショウが終わった時、二度とみれないと思っていた帝都花組は、帝都巴里ライブで揃って見せてくれました。
織姫はもう見れないと思っていましたが、紐育ライブへのゲストから復活してくれました。
ライブで聞けることはないだろうと思っていた、檄帝最終章も君よ花よも、全員が揃ってくれました。
そして、LAST SHOWをも乗り越えました。
もちろん、中山プロデューサーや田中公平先生をはじめとするスタッフ側がいてくれて、熱意を持って動いてくれてこそです。
でも、その熱意も、ファンの後押しがなければ、会社を動かすことはできません。

舞台が復活するには、セガサミーの業績が回復することが、もちろん必要なのでしょう。
我々ファンにできるのは、少しでもセガサミーとサクラ大戦を後押しすること。

舞台へのWEBアンケート、公式サイトでやってますよ。無料ですよ。「次も絶対に見たい」と書いて送りましょうよ。
舞台のDVD/ブルーレイ、予約しました? 初動が大事なので、Amazonで予約できるようになったら、すぐに予約しましょうよ。観賞用、保存用、布教用とはいわないから、1枚だけでも。
PSPでサクラ大戦1&2、ダウンロードできますよ!
セガのコンシューマのゲーム、気になってるものがあれば購入しましょう! セガが直でやっているスマフォゲームもやってみてもいいんじゃない? 業績回復に少しでも!
そして、サクラのファン活動、続けていきましょう。
セガサミーの業績が回復した時、「サクラ大戦はファンが多い」と思っていてもらえれば、舞台も復活できると思いますから。



……最後は押し付けがましい話になってすいません。
本当はサクラ大戦ファンの中に億万長者の方がいらっしゃって、セガサミーの株を買ってオーナーになってくれればいいんですがw

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ